ヨクイニンの効能効果、美肌効果はあるのか?

ヨクイニン イボ

漢方薬のツムラ さんにお願いして、ヨクイニンの勉強会を開催して頂きました。

ヨクイニンの効能効果(薬理作用)

ツムラさんの資料によると

ヨクイニンの主成分:脂質類、でんぶん、多糖類

薬理作用(効果):関節水腫改善作用(ヒト)、抗炎症作用(in vitro)、抗疣贅作用(ヒト)
*ヒト…実際の患者さんで効果が認められている in vitro…実験で効果が認められている

でした。

美肌効果は抗炎症ゆえか?

ヨクイニンは、美肌効果があると巷では言われますが、薬理作用的には???と言わざるを得ません。

そもそも
美肌効果とは何を指すかを定義しないと話になりませんよね。

美肌になる事がどういう事なのか…思いつくままに書いていくと、

1)肌荒れ(かゆみ、ガサガサ、ぶつぶつ)が治る
2)肌荒れはないがシミがない美白状態
3)肌荒れはないがイボやほくろもない状態

この3つ。

1)の肌荒れが治る…に関しては、炎症を抑える効果があるので、美肌効果があると言って良いと言えます

問題は2)と3)

2)の美白になる… 残念ながら美白効果はありません。この場合の美肌効果は無いと言えます

3)のイボやほくろ…皆さんが治したい「イボ」とは、実は脂漏性角化症や軟線維腫と呼ばれる腫瘍(皮膚の構造物)です。ほくろも同様に腫瘍(構造物)です。皮膚の構造物なので、抗炎症作用や抗疣贅作用は関係ありません。 つまり、美肌効果は無いと言えます。

まれですが、顔にウイルス性のイボがあるケースでは、ウイルス性のイボ=疣贅なので、こちらは抗疣贅作用により美肌効果があると言えます。

まとめ

ヨクイニンの効果に関しては

・抗炎症効果
・抗疣贅効果

肌荒れをしている時や、ウイルス性のイボがある人には効果がある

よりきれいな肌や美白を求める人、首イボ、顔イボ、老人性イボ、ほくろには効果がない

関連記事

  1. しみ,美白剤

    保護中: 遠隔診療&購入者専用ページ:部分シミ治療

  2. レーザー

    レーザーでシミ治療を行った1か月後・炎症後色素沈着

  3. しみ,レーザー

    シミレーザー治療経過