顔のたるみに年1回のサーマクール

先日、2週間最強エイジングケアがやっぱりたるみに最強だったという事をブログに書きました。

本当に、2週間最強エイジングケアは、素晴らしい!!
でも、ネーミングの通り
「2週間」はたるみが改善しているけれど、2週間に1度ぐらいはケアをする必要が出てきます。

時間がない‥
1回の通院で…
というご希望には、2週間最強エイジングケアでは応えることができません。

そんな時におすすめなのは

たるみケアの 代名詞 サーマクール がおすすめです。

サーマクールは10~12か月に1度くらい

私も大好きな2週間最強エイジングケアと比べると、サーマクールの方がより深くしっかり熱が加わります。
本当に、たるんでいる皮膚の内部をキュッと縮めてくれる感じ。
直後の引きしまり感も強いですが、それよりも数か月経過してからのフェイスラインのスッキリ感が一番わかりやすい治療です。

私も、毎年1回は施術を受けているケアで、去年は11月後半、今年は先日15日にケアを受けました。

写真にあるようにマス目状の印をつけながらの施術です。

痛みはほとんどなし! かさぶたにもならず誰にもばれない

2週間最強エイジングケアと同様、サーマクールも内側にしか作用しないので、かさぶたになったり赤くなったりすることがありません。
治療を受けたその日に、普段通りお化粧をして帰ることができます。

痛みも、口の横あたりと、フェイスラインが私はちょっと苦手ですが、それ以外は痛みを感じずにケアを受けられるので、とても楽チン

スタッフも治療前後の違いを実感する施術

サーマクールは、治療直後の変化も分かりやすい施術なので、看護師さんたちからも大人気。
患者さんと一緒に効果を実感しやすいですからね~。

そんなスタッフからも大人気のサーマクールなのですが、スタッフも気軽に受けることができない理由があります。
それは、
消耗品が高い故、スタッフ価格も高額に((+_+))

施術を自分たちも受けたいけれど、高いからどうしよう…と思っているスタッフも多いので、今年は、AdeBの忘年会の目玉景品にサーマクール1回を提供することにしました(#^^#)

関連記事

  1. 求人情報:看護師(東京)・看護助手(秋田)

  2. 毛穴,レーザー

    スマサイ・ウルトラライトはやっぱり楽でした

  3. 顔のシミ

    肝斑(かんぱん)を治療で消すには「レーザートーニング」