家具の配置は「斜め置き」インテリアコーディネートの実例

家具の斜め置き

※インテリアコーディネーターのアトリエ梛木さんの記事です。

インテリアで、家具の存在感は大きいですね。

ソファー選びひとつにしても、カラーや座り心地などいろいろ考えてしまいます。

もちろん家具そのもの選びも大切ですが、置き方もいろいろ、工夫しだいでお部屋の雰囲気も変わります。

四角いお部屋に合わせて、まっすぐに置くのは当然のことと考えてしまいますが、こんな方法もありますよ!

例えばこんな感じ・・・

家具の斜め置き

家具の斜め置き

テーブルを斜めに置いた時の三角に残る空間に

照明や観葉植物を置いたり・・・

家具の斜め置き

ダイニングテーブルも、斜めに置くと椅子を引くスペースができたりしますね。

視覚的にも遊びがあって楽しくなります。

アトリエ梛木が以前、ディスプレイコーディネートさせていただいた事例ですが・・・

≪ コーディネート 前 ≫

家具の斜め置き

スモークブルー色キッチンのLDKを、広く明るく変身させると、こんな感じです。

≪ コーディネート 後 ≫

家具の斜め置き

天井付けのシンプルな照明器具はそのままで、スモークブルーのキッチンにイメージをあわせた北欧系のソファーを

斜め置きにしてみました。

先にもお話ししましたように、斜めに置いた家具の三角の部分に、照明や観葉植物をおいたら、広がりも感じられるのではないでしょうか。

カーテンも、あえて壁と同化させて色合いを抑えることで、高さにも広がりを感じれるようにしてみました。

インテリアコーディネートは、高級な家具を置くだけではなく、空間をどれだけ生かせるかではないかと アトリエ梛木は考えます。

まずは実践!!やってみましょう。

text/アトリエ梛木

アトリエ梛木代表 髙橋 直美さん

28歳のときに独学で建築士の資格を取得。
その後独立し、インテリアコーディネーター、福祉環境コーディネーターの資格も取得し、住宅や店舗設計とそのインテリアコーディネートをはじめとして、福祉施設や介護保険住宅改修などにも力を入れている。

関連記事

  1. Dr.miko日記:秋田のAdeBで番組撮影

  2. 秋田市内、今シーズン初の降雪

  3. 風力発電が世の中を変える日が来るのかな…