皆さま、2021年もありがとうございました

皆様こんにちは。Mikoです👩‍⚕️

写真は、実家で飼っている秋田犬と年内最後のお散歩の様子です🐕

2021年もあっという間に過ぎ、今日が最後の日です。

世の中いろいろあるので、そこの思いは割愛しつつ

皆様にとって、いい1年を過ごされたのであれば良いなと思っています。

患者さん、スタッフ、そして様々出会った方々、皆様に支えられた2021年

今年1年を振り返ると……

月並みかもしれませんが、当クリニックにお忙しい中来てくださり、そして「ここなら気になることを解決できるだろう!」と思ってきてくださる患者さんの皆様。

クリニックで、日々患者さんのお悩みを解消し、希望を叶えるために笑顔で接してくれているスタッフの皆様。

更に、クリニックの運営や、その他この先への展開に力を貸してくださっている皆様。

本当に、秋田、東京、大阪とクリニックが順調に営業していることへ、感謝をしております。

今年も1年、ありがとうございました!!

2021年、一つできるようになったこと

2021年の自分の生活では、

一つ長年できなかったことができるようになりました✌

それは

買った洋服や、靴などをすぐに使う! ということです👩

本当に、長い間これができなかったのです。

「買ったものをすぐに使う、だって欲しくて買ったのだから」という人が本当に羨ましかった!

確かに、パソコンとか、新しい携帯電話とか、車などはすぐに使うことができるのに

なぜか洋服、靴、鞄…気に行って購入したはずの品を使うことができずに

クローゼットの中で

数年寝かして

やっと使う。

探しに探して、気に入って買ったのに、使うことができないから新しくもう1つ、気に入った同じようなものを見つけて購入する……

そうすると、トコロテン式に押し出された、前かったものがやっと使える。笑

そんな変な癖がず~~~~っと何十年もついていました。

それが今年、買ったものをすぐ使えるように、なりました!!!!!!!!

なぜ、使えるようになったかはまだ深堀して考えていませんが、長年使えなかった理由はよくわかります。

それは、幼稚園ぐらいのころの、小さな時のおもいのせいかな……

小さなころ、洋服や靴はすべて年子の姉からのおさがりでした

私が小さなころ…というと、1980年代

当時、西松屋も、ダイソーも、ユニクロも無く

洋服って今よりも高かった気がします。

1歳違いの姉がいる私は、小さなころからおさがりのお洋服ばかり。

新しい洋服がほしいな。

そう思っても、専業主婦の母と、収入の不安定な父にはわがままは言えません……

新しいものを買ってもらうということは、年に1回あるかどうかくらいの質素な生活でした。

おそらく、そのころに「新品のお洋服」というものに、めちゃくちゃ憧れを持っていたのでしょうね!

今でもはっきり覚えているのは、姉の小学校入学用の洋服を買いに行ったときに、

どうしても欲しくてほしくて仕方がない洋服に出会ってしまい

駄々をこね、号泣し

その挙句に、涙と鼻水と…… 洋服を汚してしまい、
仕方がなく、両親は姉の洋服ではなく、私の服を買って帰る羽目になりました。
*そのお洋服を着た満面の笑みを浮かべた写真は、今でも残っています。

その頃より、

欲しくて買った新品の洋服=汚してはいけない特別なもの

なんていう、自分の中での掟みたいなものができちゃったのかもしれません。

それを、2021年はようやく克服しました🙋‍♀️

めちゃくちゃ嬉しいです✨

気に入ったものに囲まれて、ニコニコしながら年末を迎えるのって、本当にすがすがしいです。

私はたまたま、洋服などを使えない…という潜在的な悩みでしたが、悩み!?が解決すると、気持ちが晴れやかになります。

「気になること」「日々のちょっとした気がかり」が解決するって、幸せですね!

私の「買った洋服が着ることができない」というものに比べたら、もっと深い悩みだと思いますが

クリニックに来てくださる皆様も、何か「改善したい、解消した」思いを持ってきてくださっていると思っています。

その何とかしたい!という思いにmしっかりこたえられるよう、より皆様に寄り添った診療をご提案できるよう、努めていきます🙏

本当に今年も1年、当院をご愛顧いただき、ありがとうございました。

関連記事

  1. 災害 腕時計

    防災グッズ、意外と腕時計が必要かも

  2. 人生がときめく片づけの魔法

    こんまり流&断捨離

  3. 「テレワーク」仕事のやる気がでない…そんな時の対処方法