紫外線対策に最適な帽子は?どの程度UVをカットできるのか

uvカット帽子

紫外線から肌を守るために、帽子はかなり優秀なアイテムです!

でも、どのタイプの帽子が一番効果的なの?

そして、帽子をかぶっていればどの程度紫外線をカットできるのか

ということを実験してみました。

実験条件

・晴天
・日常生活を想定して、帽子をかぶって前を向く
・帽子をかぶって、頬~フェイスラインのあたりにセンサーを置いて測定

まずは帽子がなかったとき。

帽子なし

帽子なしだと、UV照度は「3.50mW/c㎡」(照度は光の強さのこと)

これをベースに測っていきます👩‍⚕️

使用した帽子の種類

1)つばの幅8センチ ヘレンカミンスキー Provenxe8

uvカット帽子1

1)いわゆる麦わら帽子のヘレンカミンスキー、網目から日差しが漏れているけれど、それでも紫外線87%もカット。

2)つばの幅12センチ ヘレンカミンスキー Provenxe12

uvカット帽子2

2)同様に、網目から日差しが漏れているけれど、紫外線92%カット。

3)紫外線カット100% 芦屋ロサブラン リボンハットつば13㎝

uvカット帽子3

やっぱり紫外線カット率が高い、97%紫外線カット。

予想通りと言えばその通りですが、意外だったのが、こんなに網目から日差しが漏れている麦わら帽でも、紫外線をしっかりカットしているという事実。

これだけ紫外線カットができているなら、暑い夏の日常は、蒸れないように「麦わら」

絶対に日焼けたくない&長時間屋外にいて紫外線にさらされるときは「UV100%カット素材の帽子」

と使い分けをして、日常を快適に過ごせますね。

日焼けないためのポイントとして大事なのは、素材だけでなくつばの広さ

顎の先までしっかり日陰になるくらいのつばの広さが必要です。

つばの広さ8センチだと、日差しの角度によっては、あごに日が当たっちゃうかな~

12㎝あれば、全方位余裕だな。

そんな印象です。

さてさて、最後に実験まとめ。

UV帽子実験まとめ

1、帽子をかぶると肌に当たる紫外線を効率にカットできる
2、つばが長いほど顔全体を紫外線防御できる
3、麦わら帽子の網目があっても紫外線カットできている
4、長時間紫外線に当たる環境にいるときは、できるだけつばの部分の紫外線防御力の高い帽子がおすすめ

でした。

関連記事

  1. おでこのシワを改善する方法(額にできたシワ対策)

  2. かかとをきれいに

    かかとをキレイにするために、実はNGなケア

  3. テノール たるみケア

    たるみケア「テノール」の効果はやっぱりすごかった……