顔のイボ:ウィルス性のいぼ・ニキビじゃないですよ

今日は顔のウイルス性のイボの方の写真です。

ウイルス性のイボは、比較的珍しいので写真を撮らせていただきました。

さて、どこがウイルス性のイボか分かりますか??

ジャン

顔のイボ

赤く丸で囲んだところ。
良く分かりにくいので、拡大してみると・・・


何だかみずみずしい感じですよね。

ウイルス性のイボは、首にできる通称「首イボ」とはこのみずみずしい感じが違います。
首イボ:肌色~茶色、マットな質感
ウイルス性のイボその1:透明~半透明な肌色 みずみずしい感じがする
ウイルス性のイボその2:固くてトゲトゲしている 先端は白っぽくてトサカ状

この写真は、顎にできたウイルス性のイボ。固くてトゲトゲしている。

これらのイボは、ヒトパピローマウイルス11型による尋常性疣贅という、ウィルス性のイボなのでほおっておくと増える可能性がありますから、見つけたら早めの治療がおすすめです。

今日は、なんだかマニアックなイボについてのお話でした(#^^#)

関連記事

  1. シミ レーザー

    秋田院:イボレーザー1200円の日

  2. レーザーでシミ治療を行った1か月後・炎症後色素沈着

  3. トーニングでも改善しない肝斑への治療