ビタミンCの変化を研究

★★アーデ・ベークリニック(秋田院)のご予約はこちら★★
☆☆フラルクリニック(東京院)のご予約はこちら☆☆
★★フラルクリニック(大阪院)のご予約はこちら★★


「皮膚科専門医」Dr.mikoの美容チャンネル

こんにちは、Mikoです👩‍⚕️

最近、化粧品の研究開発に力を注いでいます💪
20年以上の皮膚科医としての経験、皆様の肌を見ていて、

・本当に効果がある化粧品を作りたい!! 
・皆様の手元にお届けしたい!
・肌に塗るだけで、もしくはお風呂に入るだけできれいになれるものを作りたい

という、私が皮膚科医になって2年目の時にとある先生の講演を聞いてから抱き続けている夢(野望!?)の実現に力を注いでいます。

化粧品とは…効果のないもの!?

化粧品の成分って、いいものがあるのに効果がないのはなぜ?て思いませんか?

私もずっと疑問でしたが、医師2年目から思い続けていた野望が、現実的になってきた出会いが2008年にありました。

アメリカ製の化粧品と出会いです。

化粧品と医薬品の組み合わせで「本当に化粧品でシミが取れるのね!」とめちゃくちゃ感激し、どんどん治療に用いていましたが、効果が高い半面、結構致命的な欠点がありました。

そう、反応が強すぎて、日常生活を送りながら治療を行うことがとても大変だということ。

そこで、この欠点を解決しつつ、同様の効果がある化粧品を日本人の肌に合った形で安全に使えるものを作りたいと思ったことが、独自の化粧品を作り日本中の美肌を希望する方に届けようと、仕事の方向性を決めたきっかけです。

そこから13年。

化粧品に関しては、独自に勉強と研究を重ね、クリニックも東京、大阪と展開し準備を進めています。

研究を続ける中でわかったことは、効く化粧品を作るために満たさないといけない要素が3つあるということです。

1.効果の出る成分を効果の出る濃度で使うこと
2.その成分を効かせたい部分に届けること
3.成分が塗るときまで壊れずに残っていること

この3つの要素をすべて満たす必要があります!

そして、この3要素を満たす化粧品が、なかなか無いので「化粧品を塗っても効かない」ということになってしまっています😥

めちゃ肌にいい成分「ビタミンC」を操る

さまざまな化粧品原料を研究・勉強していますが、その中でも研究が多岐にわたり進められていて、美肌効果も多数知られている「ビタミンC」

このビタミンCも、先ほどの3要素を満たす化粧品を作ることがとても難しい成分と言えます。

どれほど効く成分なのか・・・そこをまずはおさらいしてから、配合の難しさについてお伝えしますね。

ビタミンCの肌への効果のおさらい

ビタミンCがどれくらい肌に良いのか! 

まずはビタミンCの基本的な働きについて、下記の動画でお伝えしていますので、見てください✍️

ビタミンCの効果について基本編!ビタミンCについて知っておいて欲しいこと

ビタミンCの肌への効果!に関しては、こちらの動画を。

ホント、肌のためには絶対にビタミンCをとったほうが良いなぁと、勉強すればするほど感じます。

ビタミンCの肌への良い効果【美白への近道】

ビタミンCは化粧品の中でどんどん劣化する

さて、ビタミンCがとてもお肌にいいことはわかりました。

でも、ビタミンC配合の化粧品なんて、あふれるぐらい沢山の種類が販売されているけれど…

なぜ語られているほどの効果がないの? と思うじゃないですか。

それは、ビタミンCの安定性の悪さ(劣化してしまう)に原因があります👩‍⚕️

実際にどのくらい劣化してしまうのか、こちらの写真を見てください。

化粧品に配合するビタミンC(ピュアアスコルビン酸)の変化です。

単純に、水溶液にピュアアスコルビン酸を溶かしただけの溶液を、

①室温保存
②遮光&冷蔵保存

した比較の写真です。

ビタミンCの変化
(ビタミンCの劣化)

室温保存はびっくりするぐらい変色しています…

こちらは、作ったピュアビタミンC水溶液を小瓶に分けて保存条件を変えて保存していたものなので、もともとは全く同じ水溶液です😱 

2ヵ月保存していただけで、こんなに変化が出てしまうとは……

ピュアビタミンCの残念な点に関して、こちらの動画で説明しています👩‍⚕️

ピュアビタミンCが逆効果?効果とデメリットについて解説

実際にどのくらいビタミンCが壊れているのか? 簡単にはわかりません

これだけ変色していれば、きっとビタミンCは壊れて効果が無くなっているに違いない!

そう思って、文献を調べても全く情報がありません😢

これは、自分で調べるしかない!

そこで、詳しく分析できる研究所にお邪魔し、日々あれこれ研究をさせていただいております。

こちらは、液体クロマトグラフィーという分析機器。

1台数千万円もする…なかなか私の会社では購入できない高額機器なのです😆 こんな機械を使わせていただけるなんて、幸せ。
液体クロマトグラフィー
液体クロマトグラフィー

この分析機に、次回変色したビタミンCを持って行って、変化したビタミンCの割合を調べてきますね🔬

私、リケジョなのでこういった機器を見ると、めちゃくちゃテンションが上がります🥰🥰

本当に効く化粧品開発はなかなか手ごわい

良さそうな成分を混ぜただけの化粧品…そんな化粧品の開発なら、チャチャッと成分だけ混ぜて、劣化しやすい成分は製品の色の変化を起こさないくらい微量に配合すればいいわけで(つまり効く濃度で入っていない)、安定性や細菌検査を済ませれば簡単に作ることは可能です。

でも、それでは目標の「本当に効く化粧品」にはならないわけで。

本当に効くための3要素を満たす化粧品の開発は、単純に成分を混ぜればいいのではなく

かなり、大変な分野だなと実感しています😅😅

早く、皆様に理想の「本当に効く化粧品(おそらく美容液)」をお届けできるよう、研究開発、加速していきます👩‍

★★アーデ・ベークリニック(秋田院)のご予約はこちら★★
☆☆フラルクリニック(東京院)のご予約はこちら☆☆
★★フラルクリニック(大阪院)のご予約はこちら★★

関連記事

  1. マスク シミ 肝斑

    マスク生活1年半以上……74%の人にシミができている衝撃の結…

  2. 毛穴,レーザー

    スマートサイトドットの基本知識〜効果とダウンタイム〜

  3. ほうれい線がクリームで改善⁈

    リペア治療が肌荒れにオススメな5つの理由(2)ほうれい線がク…