【皮膚科の美容相談室】脇汗のミラドライ1回と2回どう違うのですか?

脇汗 ワキガ ミラドライ

日々患者さんから美容相談を受けてどのようなことを「診断」し「考え」て治療を提案しているか、お伝えする、皮膚科の美容相談室です(^^)/

本日は、脇汗のお悩み。

お悩み:脇汗がとにかくひどい。ミラドライを検討中

20代男性
とにかく、脇の汗が気になるから何とかしたい。ミラドライで一気に治療を受けたいけれど1回と2回どちらがいいのか?

今回の患者さんは、脇汗が気になっている男性で、汗の量がとにかく気になるという事で臭い(いわゆるワキガ)は気にしていないとのことです。

診断のポイント

脇汗治療は、ご本人の訴えのみで治療が可能です。
実際に汗の量を測って判断するという事はなく、
【汗で日常生活が困っている】という自己申告で、保険での脇ボトックス注射の治療も、ミラドライによる脇汗治療も可能です。

治療の選択肢は大きく3つ

一般的には
・脇にボトックス注射
・ミラドライなどの医療機器での治療
・手術
ですが、

汗だけが気になっているのであれば、手術は選択肢から除いて良いと思います。

昔は、手術しか方法がなかったので、脇の汗が気になる人も、脇のにおい(ワキガ)が気になる人も、手術を受けるしか方法がなかったのですが、脇汗の治療だけのため手術を受けるのは、リスクが高すぎます。

近年では、ボトックス注射とミラドライなどの機器による治療が非常に効果的なので、汗の問題だけであればこのどちらかで十分だと言えます。
しかも、ボトックス注射は厚生労働省も効果にお墨付きの保険治療です(*^▽^*)

話はそれましたが

今回のご相談の男性。1回で確実な効果を希望されて、ミラドライを選択されました。


お悩みは、1回にするか、2回にするか。

1回でも十分に汗が減る効果があります。
ただし、1回では「10」だった汗の量が「4」ぐらいに減る印象です。

2回治療を行うと
「10」だった汗の量は「0~2」ぐらいに減る印象です。

効果には個人差が当然あり、1回でも10→0 になる方もいると思います。ただ、8割ぐらいの方ではどうか?という事を考えると、上記のような印象です。

特に、ミラドライの治療を行った直後は、本当に「10」だった汗の量が「ほぼ0」ぐらいになる方が多く、そこから半年ぐらい時間をかけて「4」程度に戻っていくので、一時でも「ほぼ0」を体験すると、以前よりはぐっと汗の量が減っている「4」でも汗をかいて不快…という感覚になる事があります。

それゆえ、汗が気になる方には2回の方がより効果的ですよとお伝えしています。

ミラドライ治療を行っているクリニックで、1回よりも2回セットの方がお得料金に設定されているのは、
「2回の方がより効果的ですよ」という、おススメ理由があるからだと思います。

1回目と2回目の間隔は3か月以上明ければOK 間が空いてしまってもOK

1回目と2回目の治療間隔は、少なくとも3か月はあけることが推奨されています。

ただし、
2回目が半年~1年ぐらい先になっらダメというわけではないので、様子を見ながら時間を空けて2回目を検討でもOK

最終的には1回にするか、2回にするかはお財布との相談になってくるかと思います。

補足ですが、におい(ワキガ)が気になる人は、2回以上の治療をおススメします。1回では効果が弱いかな・・・

アメリカの症例では4回治療のデータもある

アメリカの治療データでは、ミラドライの施術を4回受けている症例もあります。
メーカー側でも、上限回数を決めていないので、今のところは何回でも治療できるとしていますが、この点に関しては、いずれ時間の経過とともに制限が出てくる可能性もあるなと思っています。

現在のところ、私の中での見解は
まず2回まではOK
3回目は、その前の治療から1年ほど間をあけて皮膚の状態が柔らかくて瘢痕などになっていない場合に限る…と決めています。

ミラドライが世に出たのが2008年ごろかな?
麻酔の方法が変わり、より効果的かつ安全に治療ができるようになったのが2015年末。
そして、日本の代理店が安全性や医学的根拠をしっかり考えてくれる会社に変わったのが2016年。

これから、ますますより効果的に・より安全に治療が進んでいく、そして、脇汗でお悩みの方は多いので、ますます普及していく治療ではないかと思っています。

関連記事

  1. 脇汗ミラドライ2月の曜日限定お得価格

  2. ミラドライの治療手順!ワキ汗・ワキガ 半永久治療

  3. 脇汗ボトックス

    ワキ汗・ワキガ治療の4種類