【Dr.mikoのお肌教室】レーザーで逆にシミが濃くなった!?

Dr.mikoのお肌教室

本日の、Dr.mikoのお肌教室は

レーザー治療で逆にシミが濃くなったのだけど、どうした良いか?

40代女性からのご相談です。

他のクリニックで、背中(洋服から出るあたり)のシミをレーザー治療したら濃くなっちゃって、2回目もやってもらったら更にシミが大きくなった… どうしたら良いですか?

というお悩みでした。

結論:Dr.miko シミとりクリームを塗るだけにして様子を見ましょう

レーザー治療をしたら、返ってシミが濃くなるということは、実はよくあることです。

この、かえって濃くなったことを「炎症後色素沈着」といいます。

炎症後色素沈着は、強い刺激のあとにできる皮膚の表面に色がついている状態です。

この場合は 強い刺激 = レーザー治療

本来は、この炎症後色素沈着は一過性の色なので、ほおっておいても半年~1年ぐらいで消えます。

逆にシミが取れていないからと、何度もレーザーを使うと炎症後色素沈着がどんどん濃くなるので注意が必要です。

これ以上のレーザー治療禁止!
強い刺激禁止!

となると、できるだけ早くこの色素沈着を改善するためには…

Dr.mikoシミとりクリームだけを塗るのがおすすめです(^_-)-☆

オンラインにて黒ずみ治療可能なクリームを処方することが可能ですので、ぜひ私がこだわって作った「Dr.miko シミとりクリーム」についてもみてみてください!
「Dr.mikoシミとりクリーム」とは

関連記事

  1. しみ,レーザー

    シミレーザー治療経過

  2. 肝斑,治療

    9月からレーザートーニング¥2,000-(頬・初回)

  3. Dr.mikoのお肌教室

    Dr.mikoのお肌教室 肝斑レーザーの効果