リペア治療が肌荒れにオススメな5つの理由(4)自分でコントロールがしやすい

リペア治療

本日お伝えするのは「リペア治療」の効果の面ではなく、使い勝手の良さです。

リペア治療は自分で治療ペース、強さをコントロールしやすい

自宅で日々のケアのグレードアップ版として行うリペア治療。

確かに、クリニックでシミのレーザー治療を受けるよりも、じんわり時間をかけながらキレイになっていくので、すぐにシミが消えるわけではない…というデメリットはあります。

が、逆に、そのデメリットが「リペア治療」のいい面とも言い換えられます。

リペア治療は、
反応が出る薬を使う回数、量、濃度などによって治療の強さを自在にコントロールできます

これが、クリニックでレーザー治療をおこなうと…

特に強いレーザーであれば、治療後に1週間ほどテープを貼る必要があります。

そうすると

・テープを1週間貼っても大丈夫な時期を選ばないといけない
・急な予定が入ってもテープを剥がすことができない
・仮にテープを剥がしても、もともとのシミより濃い「かさぶた」がついていて、それを無理にとることはNG

というように、絶対に予定がない1週間の時間が取れるまで、なかなか治療に踏み出せません。

一方、塗り薬で治療をするリペア治療であれば、何も困ることなく、今日からスタートできます。

もし急に予定が入ったら、反応をマイルドにするような対応をすれば、いつもの貴女のまま(もしかすると、ちょっときれいになった貴女かも)人と会ったり、イベントに参加したりできます。*予定までの何日ぐらい余裕があるかの日数によって、どう対応するかは若干違いがあります。

休み休み治療しても、何もしないよりも少しずつ肌は透明感と、ハリ感を手に入れて、自分史上最上級のキレイ肌を手に入れることが可能になるわけです。

レーザー治療をいつ受けられるかしら…なんて悩んで2,3ヵ月待っている間に、たとえゆっくりでも今日からリペアで治療を開始したら、2,3ヵ月後には大きな違い、ワンランクトーンアップした肌を手に入れていること間違いなしです。

無理な時は休めばいい

休憩

レーザー治療は、治療してしまったら最後…一連の反応が落ち着くまではどうにもコントロールできません((+_+))

でも、「リペア治療」なら。

ちょっと無理だな、今じゃないな、なんて思ったら、そこでお休みすれば問題なし♪

治療用の薬を取っておいて、またできそうなときに再スタートすればOKです。

ね、気軽にスタートできるでしょ(^_-)-☆

美肌治療は、思い切って・勇気を出して始める…ではなくて、日常のケアの延長として、気楽に始められるのが何よりも一番。

効果もしっかり出て、肌全体のハリまで出る。

その上、半年も使ったら、他の余計な化粧品は全く不要になる健康肌なのでむしろお金がかからないし…

気合も入れずに、気楽にスタートできる。

そんなリペア治療だから、私は大好きなのです(*^▽^*)

関連記事

  1. シミ・肝斑の取り方:レーザーや飲み薬

  2. しみ miko

    シミの種類を間違うと逆にシミが悪化することも

  3. トーニングでも改善しない肝斑への治療