Dr.mikoのお肌教室:赤ら顔・赤みにはレーザー

Dr.mikoのお肌教室

今回は、赤みや赤ら顔の治療として…レーザーのお話をお伝えします。

鼻回り赤いイトミミズみたいな血管腫…レーザーで消えた!

様々なタイプの赤みがあり、症状によって、血管腫レーザとフォトフェイシャルを使い分けたりしています。

今回は、
鼻の周囲の細い赤い血管治療

鼻の周囲がうっすらあかくなっている人…結構多くみられます。
よく見ると、ただ赤みがあるのではなく、ほそ~くて小さな血管が肌の表面に増えているんですよね。

このタイプの方!!
治療方法はただ一つ、血管腫のレーザーです。

先日は、2度目の血管腫レーザー治療に来てくださった方のお話。
鼻の周囲に3本ぐらい細い赤い血管があり、気になってご相談くださいました。

うんうん。
「毛細血管拡張」と呼ばれる症状です。
このタイプの治療は、血管腫レーザーのみ!

ただし、通常の血管腫の治療と違うのは…
通常の血管腫は、赤いイボみたいなところだけをパチッと照射すると、OKです。
(1パチ ¥2000-)
しかしながら、毛細血管拡張の場合は、1か所だけ商社ではなく、その血管全体に照射しなければならないので、もうちょっと料金がかかります。
更に、鼻の中の方に血管がつながっていた場合、奥の方まではレーザー照射が出来なくて効果が弱い可能性もあります。

この方は毛細血管拡張している血管が3本あったので
それぞれ2照射ずつ合計6照射

2000円×6=12000円 です。

1回目の照射から1か月後…
3本のうち、2本の血管はすっかりなくなっていました!!

でも、1つだけやや太くて鼻の中の方からつながっている血管は残ったまま。

ご本人と相談のうえ、もう一度レーザー照射をすることにしました。

今回は、
前回よりももうちょっと奥の鼻の中の方、ぎりぎり照射できるところを頑張ってみました。

結果は
大成功!!!!!!!

レーザー照射直後に拡張していた毛細血管が「キュッ」と小さくなりました(^_-)-☆

この変化は血管が上手くレーザーに反応してくれた証拠です。
あとは、この細くなった血管が2~3週間ぐらいでどんどん消えていくのを待つ感じ。

やっぱり、血管腫レーザーは効果的ですね。

血管腫・毛細血管拡張の治療のポイント

血管腫や毛細血管拡張の治療のポイントをまとめておきます

1.治療の間隔は1か月に1度
2.同じ個所にかかる治療回数は、1~3回。だいたいは1回で終わるけれども、大き目の血管腫や、太めの血管拡張だと3回は治療を試す価値がある。
3.3回治療をおこなっても変化が無ければ、当院のレーザーは効果が期待できない
4.治療後はいじらず様子を見る。ある日ふと消えていることに気付く

治療の時の反応も、少し「パチッと」するくらいですし、
テープも不要、処置も不要
治療後はそのまま放っておいて、気づいたら改善している…

そんな気楽な治療なので気になる赤みがある方、お気軽にご相談ください。

まずは試しに1個だけ2000円だけで、クリニックに来てくださって大丈夫ですよ~

*秋田院でのみ、治療が可能です

関連記事

  1. 肝斑,治療

    9月からレーザートーニング¥2,000-(頬・初回)

  2. 「安心」2月号に掲載されました

  3. 肝斑 トーニング

    肝斑だけじゃない!毛穴にもレーザートーニング