シミ・肌荒れ防止のマスクの着用方法

今回は、前回のマスクの着用方法からより効果的な「シミ・肌荒れ防止」方法です。

注意)今回の方法は、シミや肌荒れ防止にはかなり効果が高いですが、感染症の予防の面から考えると通常のマスク着用より劣ります。ご自身で健康状態などをご検討の上対策に役立ててください。

さて、注意事項もお伝えしたので

さっそく、方法についてお伝えします!


シミ・肌荒れ防止対策の極意!マスクにガーゼを挟むべし!

簡単に言うと、「マスクにガーゼを挟む」

ただこれだけです。

でも、この簡単な方法を取るかどうかで、大きく肌の状態が異なります。

準備する物

・いわゆる、普通のガーゼ(webで検索すると「ダブルガーゼ」「医療用ガーゼ」などでヒットするタイプ・30㎝×30㎝ほど)
*医療用では「四つ折り」あるいは「八つ折り」



使い方

シミ・肌荒れ防止のマスクの着用方法

1.ガーゼを、縦半分、横半分に折り15㎝角の正方形にします。
*四つ折りならそのまま、八つ折りであれば開く

2.ガーゼの端がぼそぼそしているところを、1.5㎝ほど折り込む

3.ひっくり返してガーゼが重なりの無い面の方を肌にあたるようにマスクに重ねる

4.そのまま装着

ポイント

①不織布のガーゼもありますが、こちらはNGです

ガーゼが無いから…と、ティッシュやキッチンペーパーなどで代用するのもNG。

冬、風邪をひいた時にティッシュで何度も鼻をかんでいると、お肌が傷みますよね。

あれと同じで、マスクにこれらの不織布やティッシュ、キッチンペーパーを挟むと逆に肌荒れを起こしますのでご注意ください。
 

②できるだけ、マスクの縁からガーゼの四隅が出るように心がける

シミ・肌荒れ防止のマスクの着用方法
通常サイズのマスクではほぼガーゼとマスクが同じサイズ。

写真では、女性用の小さめサイズのマスクを使っています。

このサイズだと、ガーゼの方が大きくなって確実に肌を守れるのでオススメ。

③普通に装着すると、顎までガーゼで覆われる

シミ・肌荒れ防止のマスクの着用方法

そのままですと、かなりガーゼがはみ出ちゃいますので、マスクを広げてしっかり顎まで覆うようにしてください。


関連記事

  1. Dr.mikoのお肌教室

    【Dr.mikoのお肌教室】レーザーで逆にシミが濃くなった!…

  2. 化粧品 miko

    「より効果的な、より使いやすい」化粧品の開発、ちゃくちゃくと…

  3. 人が美しいと思う理由。人の手が加わることで美しさが際立つ